PLACEL

今後長期的に見て、熱いと思う業界に関して

 

最近、

僕が最も熱くなるのでは

と考えている業界は、

林業です!

今回は、

なぜそう考えるのかに

ついて書いていきたいと思います。

 

1.なぜ林業が熱いのか?

国内の林業が

追い込まれているのは、

海外産の安い木材に押されているからですよね。

ですが、

今後長期的に見ればその価格差は

無くなり、国内の木材が使われるようになっていくのでは

と考えています。

では、なぜ価格差が

無くなっていくと考えているのか。

それには、3つの理由があります!

1つ目は、円安になっていくと考えているから。

円安になれば、

海外の木材を仕入れる価格は上がりますよね。

では、なぜ円安になると考えているのか。

日本の財政を見ると、

国債が1053兆円もの

多額の借金を抱えています。

この借金は今の日本の

状況だと普通には返せません。

そこで何をするかと言うと、

お金をじゃぶじゃぶすることで、

返済しようとするでしょう。

なので、円安になると考えます。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H20_Q6A810C1EE8000/

 

 

 

2つ目、IT化により人件費の差が逓減されるから。

日本の木材が高いのは、

日本の人件費が高いことが

原因の一端となっていますが、

IT化で人手がかからなくなり、

人件費での差はなくなるのでは

と考えています。

林業は未だ、

自然環境を相手にしなくてはならない

こともあり、IT化が進んでいません。

ですが、

それも今後10年~すると、

IT化するのではと考えています。

 

 

3つ目、国の支援。

費用の一部を

国が負担してくれることに

なるのでその分価格を安くできると考えます。

これは最近よくニュースになっていますが、

国が林業を支援していますよね。

 

2.まとめ


いかがでしたか?

あくまで僕の意見なので、

参考程度にどうぞ!

 

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA