PLACEL

明治から続く、伝統の千住葱とは??~中小企業・葱善~

今回は3/31の秋葉神社の

マルシェでご一緒させて頂いた、

葱善さんをご紹介致します!

 

1.葱善とは?

出典:http://negizen.co.jp/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%8D%83%E4%BD%8F%E8%91%B1/

 

葱善は、

明治18年(1885年)から、

約130年続く老舗葱問屋です。

伝統的な『千住葱』をはじめ、山葵。辛味大根など。

おもに飲食店に向けて、

料理の味を引き立てる こだわりの食材を取りそろえています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ホームページはこちらからどうぞ!

 

 

江戸千住葱とは

出典:http://negizen.co.jp/%E6%B1%9F%E6%88%B8%E5%8D%83%E4%BD%8F%E8%91%B1/

明治18年、田中善太郎創業の葱業者。

株式会社葱善が生産販売する江戸時代より伝わる伝統的な

「千住系根深葱(長ネギ)」の種(固定種)を使用し、

最適な栽培法法で栽培された。

希少で高品質な葱を「江戸千住葱(えどせんじゅねぎ)」と言うらしいです!

江戸千住葱のこだわり
江戸千住葱は「種」「土壌」「栽培方法」この3つにこだわっています。

種のこだわり
江戸千住葱は効率性や収穫率を重視し品種改良された種ではなく、江戸時代より代々受け継がれた固定種を使用しています。この種を大切に育てることにより、葱本来の甘味・コク・食感を堪能することができます。

土壌のこだわり
良い葱は質の良い土壌から生まれます。葱善では全国各地を巡り江戸千住葱に適した土壌を見つけ、自社農園や契約農家と栽培をしています。

栽培方法のこだわり
昔からの種を使用しているが故に、苗には育ちが良い苗や悪い苗・強い苗や弱い苗など様々です。これを無秩序に畑に植え付けるのではなく、育ちが良く強い苗のみを選び、一本づつ定植しています。

 

また、葱善さんには、

葱の作り方だけでなく、

売り方にもこだわりがあります。

それは、おしゃれに売ること。

おしゃれに売るからこそ、

若い人が興味を持ってくれて、

人間みな共通の

食で繋がりたいからなんだとか!

 

なので、

若い人も気軽に

声をかけてみてください!!

 

2.まとめ


いかがでしたか?

今は疎遠になってしまった、

人と人の関係を食で築いて欲しいですね!

FBやっているので、是非応援してください!!

 

葱善のFBページ良いねはこちらからお願いします!

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA