PLACEL

教える側と教わる側の溝について

後継者のいない経営者の方々は、

後継者を育てている時に、

何でわかってくれないんだなど、

後継者の教育にやきもきされている方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、

その気持ちが少しでも和らげることを

お話致します。

 

 

1.なぜ溝ができるの?


それは

教える側は教わる人間は一次関数的に伸びる

と思っているのに対し、

教わる側は、指数関数的に伸びるからなんです。

教えた側に立つと、

昔の習っていた期間は短く感じるので、

教えればすぐに出来るはずだと

思いませんでしたか?

教わっている側は

例えばテストで前日から

勉強しだした時朝方になりだしてから

突然わかるようになりませんでしたか?

下の図をごらんください。

この図は、

横軸は時間を

縦軸は教育の効果を表しています。

斜線で囲われている部分がフラストレーション

です。

先程の認識の違いが、

このフラストレーションを生み出しているのです。

 

2.まとめ


いかがでしたか?

教育は長い目で見ないとだめですね!

事業承継がめんどくさくなって、

事業をたたむことをお考えの方は、

通常は売れない

是非このサイトで無形固定資産を

売買してみませんか??

ご連絡お待ちしております!!

moto.soccer25@gmail.c

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA