PLACEL

林業のIT化?~中小企業・woodinfo~

いきなりですが、

皆さんの中で林業はどんなイメージですか?

儲からない。

寂れている。

などなどのマイナスイメージを

お持ちの方が多いのではないでしょうか?

ですが、

今回紹介する会社は、

林業を儲かるようにする。

そんな無理難題を達成しようと

している会社です!

その名も、woodinfo !

 

 

1.woodinfoとは?

    woodinfoは、
    林業をIT化して、
    森で稼ぐ方法を「見える化」
    しようとしている会社です!
    具体的に何をしているかと言うと、
    主に3つの事に取り組んでいます!
  1. 投資家が森林の価値を判断できるように情報を整備すること
  2. 木材を高く売るための出口づくり
  3. どのように森林を整備すれば収益力を高められる

 

です!

 

1.まずは、森林価値の見える化

現在日本には、

人工林が1000万ha

あるのですが、

今すぐ売れる売れる面積は

300万haあり、

額にして20兆円あるといわれています。

ですが、

現状では

価値が正しく評価されていないために、

放置されている森林があります。

それを売れる資産にする活動です!

3Dレーザースキャナによる森林計測の技術を

開発していて、

Digital Forestというシステムへ集約され、

デジタル化した木の情報を

確認することを可能にしています!

 

 

2.次は木材を高く売るための出口づくり

です!

丸太の1本1本に

QRコードを付けて

管理可能にする

トレーサービリティシステムを開発されました!

これにより、

ウェブ入札が可能になりました!

 

3.最後は、どのように森林を整備すれば収益力を高められるです!

丸太を3Dデータとして取り込んで、

どの様に加工をすれば高くなるのかの

シミュレーションを開発しました!

このシステムを導入した岩手は、

取引量が三倍になったそうです!!

 

 

 

 

 

3.まとめ


いかがでしたか?

 

皆さんの所有している山が

金塊になる日も近いかもしれませんね(笑)

是非コンタクトを取ってみてください!!

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA