PLACEL

【がっちりマンデー】少額で始められて大儲け?最近はやりの昭和ビジネスとは?

 

皆さん、

最近はやりの昭和ビジネスって知ってますか?

50代、60代の方が懐かしいともうものを、

20代の若者を対象にしたビジネスの事です!!

若い人達が、

スマホなどの時代になって、

人とのつながりや

ぬくもりを感じたくなったことで

このビジネスがはやっているのだそう!

さらに、

このビジネスの良いことは、

機械などが古いからこそ安く仕入れられて、

少額で始められるのが良いところ!

それでは、今回は具体的な事例を3つご紹介いたします!!

 

 

 

1.具体的な事例はこちら



  1. 恵比寿横丁
  2. ゲームセンターミカド
  3. 相模原らっとサンライズー自動販売機

 

です!

 

1.まずは、恵比寿横丁から!

 

皆さん出会いの場などとして知っている方も

いらっしゃるのではないでしょうか??

こちらの恵比寿横丁実は、

シャッター商店街を利用したものです!

そして、

人とのつながりを生み出すため、

あえて狭くして不便にしているのだそう!

それなのに、

通常の同じ規模のお店と比べると、

売上が4倍以上あるとのこと!

良いビジネスですね!!

 

2.次はゲームセンターミカドです!

こちらのゲームセンターは、

昔懐かしいゲームを置いています!

それが、

子供の頃は少ししかできなかった人たちが、

大人買いで遊んでくれているのだそう!

さらに、

毎日ゲーム大会を開いて

繁盛しているそう!

売上は、月1000万円以上なのに、

費用は電気代と古くなった安いゲーム機だけ!

うらやましいですね!

 

3.最後は、相模原ラットサンライズー自動販売機!

こちらは、

昔懐かしい自動販売機を沢山集めて儲かったお店!

今では、

本業のタイや修理のお客さんだけでなく、

カップルなども

売上はなんと月数百万円にのぼるそう!

 

 

 

 

3.まとめ


いかがでしたか?

皆さんの所にも、

眠っているお宝があったのではないでしょうか?

是非挑戦してみてください!!

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA