PLACEL

【ガイアの夜明け】下請けからパートナーへ?~中小町工場の生き残り戦略~

 

今のご時世下請けって厳しいですよね。

発注元は、

安く済むからと海外に発注してしますので、

国内での発注は減少する一方。

そうなっては、下請けだけではやってられない。

そんなときに、立ち上がった勇気の出る町工場の方々のお話です。

その団体名の名は、GRIT。

 

 

1.GRITって何?


GRITは、

日立の下請け企業であった

中小企業十社が集まって、

下請け以外のビジネスを始めようと立ち上がった団体です。

例えば、

介護福祉施設で、

患者さんの状態がどんな状態かわかるような

機械の開発や、

海外を相手にした、

自社商品の販売などを

行っています。

個別の企業では、

下請けだったために

高度に特殊な技術すぎて商品を創れませんが、

集まることで商品が作れるようになりました!!

 

 

3.まとめ


いかがでしたか?

ドイツなどでは当たり前な、

中小企業同市の結束。

今後日本でももっと盛り上がって、

中小企業に大企業を抜いきたいですね!!

 

 

 

 

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA