PLACEL

【カンブリア宮殿】金芽米を作ったすごい中小企業東洋ライス。その開発の強さの秘密とは?

 

金芽米って皆さんご存知ですか?

フィギアアイススケートの荒川静香選手が

CMに起用されていたので、

記憶している方も多いのではないでしょうか?

 

 

今回紹介しますのは、そんな金芽米を開発した会社のお話です!!

 

1.会社の概要



基本データ
会社名 東洋ライス株式会社
会社設立 昭和36年(1961年)
資本金 100,000,000円
代表取締役社長 雜賀 慶二
HP http://www.toyo-rice.jp/

和歌山に本社があります!

 

 

2.どんな特徴があるの?


 

ここの会社、とにかく開発がすごい。

特に社長の、

雜賀 慶二さんがすごい!

3つもの大きな発明をされました!

その発明とは、

1.BG無洗米機:洗わなくても食べられるよう炊ける機械

2.石抜き選穀機:米の中に紛れている石を抜く機械

3.金芽米:栄養価抜群なのに美味しいお米

です!

お米関連なら何でも任せろって感じですね(笑)

こんなに多くの商品を開発できる秘訣に関して、

雜賀 慶二さんは、

相手の気持ちになり切るんだとおっしゃってます。

商品を開発する時は、

いつもお米の気持ちになり切っているのだそう。

言われれてわかっているものの、

なかなか実践できませんよね(笑)

雜賀 慶二さん、、、

尊敬です(*^-^*)

 

 

3.まとめ

 


いかがでしたか?

素晴らしい商品・おもしろい開発者がいらっしゃる、

東洋ライス。

是非コンタクトを取ってみてください!!

基本データ
会社名 東洋ライス株式会社
会社設立 昭和36年(1961年)
資本金 100,000,000円
代表取締役社長 雜賀 慶二
HP http://www.toyo-rice.jp/

 

 

 

[recent_products per_page="6" columns="1"]


社会・経済ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA